iOS14でiPhoneやiPadのホーム画面編集を超簡単に行う方法

iPhoneやiPadのホーム画面を編集したいことは良くあると思います。

iOS14では、ついにウィジェットをホーム画面に置けるようになりましたしね!

ちょっとした仕様変更はありましたが…

【iOS14】ウィジェット画面の編集ができない時の2つの対処法【仕様変更?】

 

さておき。

そんなiOS14で、ホーム画面の編集を始めるのが簡単になりました!

 

本記事のテーマ:iPhoneのホーム画面編集を超簡単に始める方法

はじめに 〜これまで〜

あれはいつのことだったか…

アプリの長押しですぐにホーム画面の編集ができなくなったのは…

 

ホーム画面でアプリを3Dタッチまたは長押しすると、アプリ独自のメニューが開くようになってます。

この仕様変更のせいで、ホーム画面の編集を開始するまでに余計な時間がかかってました。

 

長押しすると…

 

こんな感じの画面が出ちゃいます。

 

そのまま長押し、または『ホーム画面の編集』をタップすると、ようやくアプリたちが震え始めます。

 

このひと手間が邪魔くさかったんです…

 

そんなあなたに朗報!

iOS14やiPadOS14では超簡単になりました!

 

iOS14、iPadOS14ではもっと簡単に!

アプリの無いところを長押しするだけ

方法は超簡単。

ホーム画面で、アプリの置かれていない場所を長押しするだけ。

 

 

こんな感じに一瞬で震えます。

 

ホーム画面の編集モードに入ったことがわかります。

ちゃんと、左上にプラスボタンが現れて、ウィジェットも置けるようになってますね。

 

で、気になるのが…

 

アプリのない画面って…どこでもいいの?

気になるのが、アプリのないところって言っても…どこでもいいの?

ってことで調べてみました!

まぁ、画面のいろんなところを長押ししてみただけですけど笑

 

まとめるとこんな感じ。

 

オレンジ色を付けたところを長押ししてみてください。

一瞬でアプリが震えるはず!

 

アプリとアプリの隙間、ウィジェットとウィジェットの隙間でもオッケー。

アプリとノッチとの間の微妙な隙間も認識されました笑

 

一番楽なのは、右手(左手)で持った時の親指で簡単に押せる右下(左下)ですかね。

ぜひ色々と長押ししてあなたのベスポジを探してみてください笑

 

フォルダを開いた状態でもアプリのないところならどこでもOK

アプリをフォルダにまとめている人も多いかと思いますが…

フォルダを開いた状態からホーム画面編集に入るのはもっと簡単。

 

 

フォルダの外でも、アプリの間でも、フォルダ名の上でもどこでもOKです笑

ブルッと震えてホーム画面編集モードになります。

 

ただ、フォルダ名の上で長押しした場合は、ブルッとiPhoneは震えないような。

微妙な仕様があるもんだ。

 

まとめ

ということで、ホーム画面の編集モードに入るのがめちゃくちゃ楽になりました!

悲願達成!て感じです笑

 

iOS14から、としてますが、iOS13でもできてたらごめんなさい。

ぜひ試してみてくださいね!


 

フォローしてもらえると嬉しいです!