Todoistの便利なショートカットキーをまとめてみた

ToDoistには、タスク・ToDoをこなすことに時間をかけられるよう、入力・整理の簡略化のために様々なショートカットキーが設定されています。

今回は、その中でもよく使っている便利なショートカットキーをご紹介します!

はじめに

Todoistって何?という方はこちらを先にどうぞ。

Todoistを愛する9つの理由【タスク・ToDo管理のオススメアプリ】

私のタスク管理に、もはやなくてはならない存在となっているTodoist。

Todoistを開いた状態でのタスク入力・整理だけでなく、Todoist以外のアプリを開いている状態でも使えるショートカットキーがあります。

そんなに数は多くないので、バシバシ活用していきましょう!

すべてのショートカットキーを確認したい方はこちら
https://get.todoist.help/hc/ja/articles/205063212-キーボード-ショートカット
macOSって書いてあるところの右にある赤文字「プラットフォームの切り替え」から、該当するものを選んでください。

 

タスク入力時のショートカットキー

まずはタスクを入力するときによく使うショートカットキー。

q タスク入力開始
p1/p2/p3 優先順位 1位/2位/3位をつける
# プロジェクトへ割り振る
ラベルを割り振る
日付 日付を設定する

まず、Todoistを開いた状態で “q” を押します。

Ctrlとか⌘を押す必要はありません。qだけです。

すると、タスク入力画面が表示されますのでタスクを入力します。

試しに「テスト」と入力した状態

 

この「テスト」というタスクに優先順位を付けたいとします。

優先順位1位を付けたい場合は “p1” を入力するだけ。

注意点としては、「テスト」から続けてp1と押すと「テストp1」というタスクとして認識されちゃいます。

なので、入力する際は半角または全角でスペースを入れてからp1と入力しましょう。

「p1」を入力

 

すると、自動で “!!1”となり蛍光ペンで塗られた状態になります。

また、下の「フラッグ」が赤くなってますね。

これが優先順位1位に設定された印です。

優先順位2位ならオレンジ、3位なら青、4位は入力しなければ無色の4位になります。

なお、ショートカットキーを入力しなくても、このフラッグをクリックすれば優先順位何位にしますか、というポップアップが出ます。

それをクリックするのでも同じです。

 

このままenterを押すとタスク追加になりますが、その場合はインボックス(一時保管場所、的なイメージ)に入ります。

単発のタスクを入れるだけならそれでもいいのですが、増えてくると視認性が悪くなって大変です。

せめて、「仕事」としてのタスクなのか、「個人」的なタスクなのか、だけでも分けておきましょう。

実際は、「仕事」でも複数のプロジェクトを同時進行させることが多いと思いますので、その場合は「仕事」の中でさらに細かく「プロジェクトA」「プロジェクトB」のように分けたほうが管理しやすいです。

ということで、Todoistはそういった「プロジェクト」を設定できるので、どこかのタイミングでプロジェクトを設定しておくのがオススメです。

そうすると、タスク入力時に “#”を押すだけで、プロジェクトリストがずらっと出てきます。

ポイントは、先に入力したものからスペースを開けてから “#” は半角で。

 

ここから、目的のプロジェクトをクリックすれば、

 

このように、「仕事」というプロジェクトに割り振ることができました。

もし半角の“#”が押しづらい場合は、日付の横のこのマークをクリックするとプロジェクトリストが出てきます。

 

また、“#”の後に自分で「仕事」と入力しても同じです。

なので、プロジェクト名を“work”のように半角のローマ字とか英語にすることもオススメです。

つまり、“#”を半角で入力したあとに“w”のようにローマ字をひとつ押してenter押すだけで “#work” に割り振れます。

細かいですが、プロジェクトへの割り振りがかなり楽チンになります。

 

ちなみに、「このタスクは新しいプロジェクトに割り振りたい」と思った時は、“#”の後に作りたいプロジェクト名を入れると、

プロジェクトを作成しつつ、その中にタスクを割り振る、といったこともできます。

 

また、プロジェクトとは違った分け方もできます。

それが「ラベル」です。

「プロジェクト」と「ラベル」の使い分けは私も悩んでいたこともありましたが、

  • 「プロジェクト」はタスク管理のため
  • 「ラベル」はタスクをこなすため

という分け方に落ち着いています。

この辺りは、このページでは詳細は省きます。

 

ラベル設定のキーは “@” です。

プロジェクトと同じで、前に入力したものからスペースを開けてから、半角で入力です。

するとやはりリストが出てきます。

 

目的のものをクリックして設定完了です。

「移動中も可」というラベルを設定したところ。

 

ちなみに、プロジェクトはひとつしか割り振れませんが、ラベルは複数割り振れます。

なので、「デスクワーク」であり、iPhoneなどでもできる場合は「移動中も可」というラベルをつけておくと、

デスクにいるときにできるタスクとしても、電車の中でもできるタスクとしても探すことができる、ということです。

 

最後は日付の設定。

これはいろんなパターンが可能です。

「明日」に設定した場合

 

やはり前に入力したところからスペースを開けてから、

 

  • 「今日」とか「明日」で今日や明日の日付に
  • 「来週」で来週の初めの日に
  • 「来月」で来月初日に
  • 「6/10」などの日付を直接入力してもオッケー

 

といった具合です。

 

ちなみに、「今日」に割り振られているタスクを表示する画面でタスク入力開始すると、自動で「今日」の日付に割り振られます。

左下にその日の日付が自動入力されてますね。

このときに、「明日」を入力しても日付に変わりはないのですが、タスク追加すればちゃんとその日に割り振られているのでご安心を。

 

さらに、リマインダー設定もこの入力パターンで出来ちゃいます。

なお、このリマインダーは有料版のみの機能になっておりますのでご注意を。

例えば、「明日の15時」と入力すると、

ちゃんと「15時」まで蛍光ペンで塗られた感じになってますね。

これで、「明日」に割り振りつつ、「明日の15時」になったらリマインドが来ます。

 

この目覚まし時計マークが付いていれば、リマインド設定が出来ているということです。

 

ということで、これでオッケーなら「enter」でタスクを追加しましょう。

マウスを触らずにキーボードだけでできましたね。

 

なお、この中のラベルやリマインダー機能は有料版のみのプレミアム機能になっています。

有料版Todoistで押さえておくべき4つの便利なプレミアム機能

 

別アプリを開いている時のショートカットキー

たま
他のアプリ(メールアプリとか)を開いているときにタスク入力できないんすか?
もるふ
ちゃんと用意されていますよ!

次によく使うのが、他のアプリを開いているときにタスクを入力するショットカットキーです。

(私がMac userなので、キーバインドがMacOSのものになっています。ご了承くださいませ…)

command + control + a タスク入力開始
command + control + t Todoistの画面へ跳ぶ

この二つだけです。

“command+control”は共通で、

  • +a でタスク入力開始(AddのAかな)
  • +t でTodoistの画面へ跳ぶ(Todoistのtかな)

ということです。

Safariを開いた状態で command + control + a を押したとき

こんな感じで、最前面にタスク入力画面が出てくるので、上記のショートカットキーも駆使しつつ、入力できます。

なので、タスクを思いついたときに「Todoistの画面はどこかな…」と探す必要すらありません。

探しているうちにタスクを忘れることもないので、頻繁に使っているショートカットキーになります。

 

もし、Todoistの画面をアクティブにしたい時でも探す必要はありません。

command + control + t を押せば、Todoistがどこにいても連れて行ってくれます。

思っている以上に、「探す手間」って大きいんですよね。脳の別の部分を使っている感覚。

これがフリーになるのはかなりありがたいです。

 

タスク整理時のショートカットキー

最後は、そうして入力したタスク群を整理するためのショートカットキーです。

(私がMac userなので、キーバインドがMacOSのものになっています。ご了承くださいませ…)

クリック タスク編集画面を開く
option + クリック 直接タスク編集開始
command + ↑/↓ タスクを上下に移動
command + → タスクをサブタスク化(階層を下げる)
command + ← タスクを親に(階層を上げる)

最近のアップデート(2020春)で、タスク名をクリックしたときの挙動が変わりました。

これまでは、タスクの下にサブタスクを入力するには、そのタスクの入っているプロジェクトに移動するか、ちっちゃい編集ボタンを押す必要がありました。

このアップデートで、その編集がやりやすくなったよ、ということです。

タスク名をクリックするだけで、詳細な編集画面になってくれます。

このタスクの名前やその横の空間をクリックすると…
詳細な編集画面が出てきます

こういった使い勝手をよくするアップデートを定期的にしてくれるのもTodoistを使い続けられる理由のひとつですね。

 

一方で、これまではクリックすればタスク名の編集になっていました。

こういう画面

 

これはこれで、タスク名をちょっと変えたいだけの時に便利だったのですが…

そんなあなた、optionを押しながらクリックしましょう。

すると、これまで見慣れたタスク名編集画面になります。

 

また、タスクが増えてくると見づらくなったり、すぐ見える上の方にタスクを移動したり、をしたくなるかもしれません。

あとは、サブタスクがすでにある状態から追加したときには一番下に追加されるわけですが、順番的にはもうちょい上なんだよなーってとき。

マウスを使ったドラッグ・ドロップでも移動できるのですが、タスク名を編集する状態になっていれば、command + ↑/↓でも移動できます。

また、プロジェクト画面でタスクを見ているときには、command + → でそのタスクをサブタスク化できます。

反対に、サブタスク化していたものを、階層上げたいときには、command + ← です。

 

この辺りはタスクを移動する距離や、どのページを見ているかによって、マウスとショートカットキーとで使い勝手が変わりますので、自分に合った方法でコントロールしてみてください。

 

さいごに

とにかく、タスクはこなさないことには意味がありません。

Todoistのショートカットキーをみていると、タスク入力や整理に手間暇かけないでいいように、という優しさ・思いやりを感じます。

ぜひ、ひとつずつでいいので使っていって、脳のエネルギーを節約していきましょう。

他にお気に入りのショートカットキーがあればぜひ教えてください〜


 

フォローしてもらえると嬉しいです!