【日本初レビュー!?】Pergear 35mm F1.2 外観編【FUJI X-mountレンズ】

FUJIFILM X-T20の相棒として標準単焦点レンズを探していた私。

そんな私が今回、

Pergear 35mm F1.2

を購入してみました。

 

小さくて使うのが楽しみ!なレンズです。

実写レビューはこちらからどうぞ。

【レンズレビュー】Pergear 35mm F1.2 FUJIFILM Xマウント【実写編・画像満載】

 

本記事のテーマ:スペック、開封の儀、外観レビュー

 

はじめに

フジノンレンズの中でも神レンズとして名高いFUJIFILM XF35mmF1.4 R

ずっと気になっていましたが、購入には至らずでした。

標準域はキットレンズのFUJIFILM XF18-55mmF2.8-4 R OISを使っていました。

 

でもやっぱり明るい標準単焦点レンズ欲しいよなー、と思っていたところにfujiromorsより新製品情報が。

https://www.fujirumors.com/pergear-35mm-f-1-2-for-fujifilm-x-released/

 

私の目は葉っぱの写真の玉ボケに釘付け。

とくに左上。

こんな隅で口径食無し、綺麗な円・縁。

この写真のF値はわかりませんが、ちょっと気になる。

 

調べてみたら、まだ日本での取り扱い無しか…

 

 

 

数日後、改めて調べたら…

 

日本のamazonでも取り扱い始まっとる!

 

しかも1万円て!やす!

 

ということで、早速ポチってみることに。

9/4に情報が上がったばかりの本レンズ。

(Xマウントでは)日本最初のレビューになるかも!?(というつもりで笑)

 

いずれ使用感・作例は出すとして…本記事では「スペック」「開封の儀」「外観レビュー」を確認します!

実写編はこちらからどうぞ。

【レンズレビュー】Pergear 35mm F1.2 FUJIFILM Xマウント【実写編・画像満載】

 

スペックの確認

公式ページはこちら

PERGEAR 35mm F1.2 Large Aperture Manual Focus Fixed Lens

 

富士山マウントです…笑

 

さておき、スペックは下記の通り。

焦点距離(aps-c) 35mm
焦点距離(35mm判換算) 52.5mm
最大絞り F1.2
最小絞り F22
レンズ構成 5群6枚
絞り羽根 10枚(円形絞り)
最短撮影距離 約25cm
外形寸法 φ48.0mm×53mm
重量(キャップ、フードを除く) 約210 g
フィルターサイズ φ43mm

 

絞りはレンズ側で制御。

あとで触れますが、クリック感はないです。

 

F1.2と明るいのがポイント。

そして、絞り羽根が10枚の円形絞り

これはボケも期待できそうかも…?

 

もうひとつは、最短撮影距離が短く、25cmまで寄れる

寄りがちな私には嬉しい笑

 

ただし、オートフォーカスは効きません

電子接点もないので、EXIFに撮影時のF値なんかも残りません。

なので、カメラ側でレンズなしレリーズができるように設定する必要あり。

 

パッケージ内容は

  • レンズ
  • フロントレンズキャップ
  • リアレンズキャップ
  • レンズバッグ
  • パッケージボックス
  • 43mmレンズフード
  • pergearミニブロアー

となります。

 

フード付きは嬉しいですね。

ブロアーも地味に嬉しい笑

 

これだけ付いて

11,536円(2020.9/20現在)!!

やっす!

 

しかもprime対象になってるのですぐ届く!

ということで即ポチ。

 

2日後に受け取り設定して、バッチリ届きました!

 

開封の儀

包装は最低限

クロネコさんが届けてくれたのは、段ボールではなく、白い包装に包まれたもの。

 

ん?

と一瞬思ったものの、とりあえず開けてみることに。

 

中からは、やっぱり白い包装に包まれたものが。

 

一応、プチプチ付きのようだが…

ビニールテープでぐるぐる巻き。

よく見たら、一部、なんか飛び出てるし。

 

気にせずベリベリ。

開けてみると…

 

なるほど、飛び出てたのはブロワーの台紙だったか。

よかった、レンズはちゃんと箱に入ってた笑

 

ん…?

C-mount…?

冷や汗。

間違えたか…?

 

とりあえず中を確認しよう…

上にはFXとシールが貼られている…

 

大丈夫そうかな?笑

うん、コストカットのために箱は1種類しか作ってないんだよきっと。

そういうことにしよう笑

付属品もちゃんと揃ってるし。

 

箱の中には、レンズの入ったポーチ。

 

中から出てきたのは…

 

 

小さい!

金属の重さ!

 

ちゃんとFUJI X-mount!笑

 

ふぅ…ひと安心です笑

ということで、あまり美しくはなかったですが、開封の儀でしたー

 

外観レビュー

思ってたより小さい

とにかくX-T20を出してきて、並べてみる。

 

距離メモリに絞りリング。

 

 

こうみると、XF18-55mmF2.8-4もそれなりの大きさなんやな…と感じる。

 

これは付けっぱなしで楽しめるかも〜

 

絞りリング・焦点リングのフィーリング

絞りリングの刻印は

F1.2 / 1.6 / 2 / 2.8 / 4 / 5.6 / 8 / 16 / 22

となっています。

 

1.2から22までは約1/4回転

それなりの心地良い重さでスムーズに動きます。

 

ん…スムーズ?

はい、回した時のクリック感はありません

ファインダー覗きながら絞り数値が見えないのは難点かも?

 

ピント合わせですが、無限遠から最短距離(25 cm)まで、こちらも約1/4回転

動きは滑らか。

絞りリングよりは軽い感じ。

 

F1.2と大口径なのにこれでピントを細かく合わせられるか?ですが…

 

個人的には、サッと大体の位置までピントリングを回せる方がむしろ嬉しい。

最後は体の前後運動で微調整する感じなので。

 

絞り羽根の様子

装着する前に、絞り羽根を見ておきましょう。

気になってたんだよなー

 

絞り開放F1.2では、レンズの直径ギリギリまで開く。

レンズも問題なく綺麗。

絞り開放 F1.2

 

これで口径食無いのは不思議…

しっかり試してみる必要がありますね。

 

少しずつ絞っていく。

なお、絞りレンズを回した時のクリック感はありませんので、おおよそになります。

F1.6付近
F2付近
F2.8付近
F4付近
F5.6付近
F8付近

 

やはり10枚の絞り羽根で円形に組んでるだけある。

絞っても角が目立ちにくいような?

ボケ方には期待できそうかも。

 

 

 

最小絞りはF22となっています。

最小絞り F22

 

マウント面

一応、マウント面も。

 

ちゃんとFX:Mountと記載されてますね笑

 

当然のごとく、電子接点は無し。

赤ポチは付いてるので、普通に装着すれば良さそうですね。

 

X-T20との組み合わせ

我が愛機、X-T20にいざ装着!

 

個人的には、

小さくて良き!

です。

 

やっぱりFUJIのカメラには絞り数値や距離メモリがよく似合う。

XF35mmF2のように、わかりやすく先細りしてるわけではないのも個人的には好み。

 

フードはねじ込み式

フードはXF35mm F1.4と同じく、ねじ込み式。

取り付け、取り外しは面倒です。

 

が、小さくて可愛らしいので、このままの姿が本来の姿かな、と思って付けっぱなしにします笑

 

レンズキャップはフードにカポッとハマる感じになります。

ちょっとハマり具合が分かりにくいですが、許容範囲。

 

なお、インナーフォーカスではありません。

 

無限遠が一番短く、

 

最短距離(25cm)が一番伸びます。

 

まとめ

ということで、

Pergear 35mm F1.2

の外観レビューでした。

X-T20との組み合わせは、小型になって取り回ししやすくなったかな〜

 

さて、あとは実写です!

乞うご期待!


 

フォローしてもらえると嬉しいです!