有料版Todoistで押さえておくべき4つの便利なプレミアム機能

Todoistは無料でも使えますし、年間利用料を払うことでプレミアム(有料版)機能が使えるようになります。

今回は、Todoist loverな私がプレミアム版をオススメする4つの厳選された機能をお伝えします!

はじめに

たま
年間4,000円も払う価値あるんすか?
もるふ
Todoistを使うなら払わにゃ損損!

Todoistは無料でも使えますし、年間利用料を払うことでプレミアム(有料版)機能が使えるようになります。

その利用料は年間4,056円(月額338円)。

高いとみるか、安いとみるか…

個人的には、1日あたり10円ちょい、これで日々のタスク管理が楽になるんだから使わない手はない!と思っています。

なぜ私がここまでTodoist leverなのかはこちらをご覧ください。

Todoistを愛する9つの理由【タスク・ToDo管理のオススメアプリ】

 

とは言うものの…

まだ有料版を試したことのない、無料版Todoistを使っている方やこれからTodoistを使ってみようという方には、プレミアム機能の何がいいのかイメージしづらい方も多いと思います。

今回は、Todoistを使い続けていつの間にかグランドマスターになっていた私が、

これが使いたくてプレミアム版にしている!

と言えるくらい便利な機能をお伝えしようと思います。

 

言い換えると、

これさえ理解していればプレミアムにするか判断できる!

と言うこともできるかもしれません。

 

個人的には、有料版にアップグレードするかどうか判断するにあたり、押さえておくべき機能は4つだけ!

ぜひ自分の使い方と照らして、アップグレードの参考にしてみてください。

 

無料版と有料版の違い

無料版と有料版の違いは、TodoistのHPにまとめられています。

こうみると、無料版で使える機能少なすぎ!というようにも見えますが…

逆に、プレミアム機能が充実しているとも言えるかもしれません。

色々あって悩んでしまうかもしれませんが、プレミアム機能を語る上で「これさえ押さえておけば大丈夫」と言える機能は4つだけです。

以下、その4つをご紹介します!

 

便利なプレミアム機能 ①:リマインダー

ToDo・タスクを「その時間になったら」「その場所に着いたら」思い出させてくれる機能がリマインダーです。

おそらく、Todoistじゃなくても何らかのアプリを活用している人は多いのではないかと思います。

iPhoneだと純正のリマインダーアプリがどんどん進化してますよね。

 

Todoistでは、リマインダーはプレミアム機能になっていて、無料版では使えません。

もちろん、無料版でも日付を指定することはできるので、来週になってからやればいいタスクがずっと表示されている、なんてことはありません。

その日・その時間になっても通知が来ないだけ。

 

ただ…やはり時間が決まっているタスクのためにはリマインダーが欲しいですね。

例えば、午後3時にしないといけないことがあったとして、リマインダーを設定していない場合、

午後になってからずっと「3時…3時のアレを忘れないようにしないと…」と思い続けていないと別のことをやっていて忘れちゃう、というのが怖いわけです。

そこを、リマインダー設定で15分前に通知が来るようにしておけば、それまでは安心して別の作業を進められる、というわけです。

 

便利なプレミアム機能 ②:ラベル

Todoistではタスクを分類する方法がいくつかあります。

そのひとつがプレミアム機能になっている「ラベル」です。

 

現状で行き着いたラベルの運用は「今できることを探す」ことに特化するやり方です。

やらないといけないことは常に複数あると思いますが、どれからこなすのが良いのか?

基本的には優先順位に沿って順番にこなしていけばいいのですが、例えばPCにしか入っていないソフトでやらないといけないことは、電車で移動中にはなかなかできませんよね。

じゃあ電車の中では何もできないかというと、意外とできることって多いんです。

例えば、スマホでできる調べ物やアイディア出しとか。

 

そんなときに「ラベル」を活用しています。

例えば、次の出張の準備として、宿や経路を検索する必要がある場合。

その「宿を探す」というタスクを入力する際、「宿を探す @移動中も可」とすると、『移動中も可』というラベルが設定されます。

つまり、電車で移動中に「何かできることは…」と思ったら、『移動中も可』というラベルが付いているものを表示させるだけ。

すると「宿を探す」というタスクが表示されるので、ああそうだった、と思い出してスマホで宿を検索できます。

意外と直前まで忘れがちなのと、意外と時間取るんですよね、宿や飛行機・新幹線の検索と予約って…

 

さらに、ラベルのいいところは複数付けられることです。

私が実際に使っているラベルは、

  • 移動中も可
  • デスクワーク
  • 議題
  • 上司に確認
  • いつかやる

といったところです。

 

@移動中も可、は上記の通り、電車などで移動中でもできるタスク

@デスクワーク、はデスクのPCなどでしかできないタスク

@議題、は次の会議で議題にあげたいことのメモ代わり

@上司に確認、はできれば直接話して確認したい内容のメモ代わり

@いつかやる、はアイディア帳

といった感じで使い分けています。

 

やはり、メモ代わりにしつつ、その時がきたらパッとタスクを表示させることが得意な印象ですかね。

 

便利なプレミアム機能 ③:コメント

あると便利なのがコメント機能。

タスクに対して、メモを残せると思ったらいいかと思います。

おそらくは他の人と共同して使っている時にこそ真価を発揮する機能なのだろうとは思いますが、個人でも結構使います。

 

例えば、先ほどの「宿を探す」タスクに「〜〜駅の近く」とかコメントを入れておけば、どこで探すのがいいんだっけ、と思い出せます。

初めて行くような場所だと最寄り駅って覚えづらいんですよね…(私だけ?

あとは、誰かに頼まれたタスクで言われた注意点をメモ書きしたり、なんかにも使えますね。

 

便利なプレミアム機能 ④:ファイルのアップロード

最後は、タスクに対してファイルを添付することができる機能。

私自身は、頻繁に使うわけではないのですが、あると便利。

 

もし、依頼書をPDFなどのファイルでもらっていた場合、内容をコメントにわざわざ打ち込むのではなく、そのファイルごと添付できます

そうしておけば、そのタスクの添付ファイルを見れば書式の注意点や締め切りなどがわかる、というわけです。

よくあるのが、提出先がどこだかわからないパターン。

登録していないメールアドレスならなおのこと、覚えていられないですし、自分で手打ちして間違っていたら意味がない。

なので、提出の時にメールを検索したり、書類を探したりする必要が出てくるわけですが…

送られてきた依頼書なんかをそのままタスクに添付しておけば、すぐに情報が引き出せますね。

 

さいごに

というわけで、がっつり毎日Todoistを活用している私が便利だと思う機能を厳選してお伝えしました。

よくみたら、はじめに載せた画像で「メイン機能」として紹介されていることですね。

 

あとは地味かもしれませんが、ダークモードで使えるのも有料版だけ。

いろんなアプリをダークモードで使っている私としてはありがたい限りです。

 

ではでは、ここで紹介したことが、有料版にするかどうかの判断の役に立てば幸いです。

ぜひ、Todoistでタスク管理を楽にしてください!

 

また、他におすすめの機能があれば、ぜひ教えてください〜


 

フォローしてもらえると嬉しいです!