【初めての人向け】SBI証券のオンライン口座開設申込手順を画像満載で徹底解説

いざ投資を始めよう!と思った時に必要なのが口座です。

ただ、実際にやってみると普通の銀行口座を開設するよりもチェック項目が多いのです。

私が実際に開設した時、何も調べずに始めたら色々と悩むところがあって手間取りました。

私と同じように、「初めての投資」「初めての口座開設」を行う人のために、手順を残しておきます。

あなたがスムーズに口座開設できますように!

 

本記事のテーマ:SBI証券オンライン口座開設は気負わずで大丈夫!

はじめに

まず初めにお伝えしておきたいこと。

開設の過程で、NISAの選択など色々と選択肢が出てきて戸惑うかもしれません。

 

が、安心してください。

口座開設過程で選択することは、後からでも変更可能です。

私はその辺りもわからず、軽〜く開設を始めてしまったので、今!?と焦ってしまいました。

のんびり落ち着いてやってもらって大丈夫ですのでご安心を!笑

注:NISA/つみたてNISAの変更には注意点もあります。先に決めておくのをオススメします。

 

あと、実際には、私は家族からの紹介で開設手続きを始めました。

すると紹介者である家族の方にTポイントやキャッシュバックが入るというお得な紹介制度です。

期間限定のキャンペーンもあったりするので、家族などですでに利用している人がいれば、紹介してもらうのが良いかと思います。

まぁ紹介してもらった方にはとくに何もないのですが…家庭に入るお金と思えば一緒です。

手順

SBI証券口座開設HPへ

紹介された場合には、必ず紹介URLから手順を進めてください!

そうでない方はSBI証券の口座開設HPへいきましょう。

『無料開設』から始めます。

 

メールアドレスの登録・認証

はじめにメールアドレスの登録をしましょう。

アドレス承認を求められますので、メールをすぐに確認できるアドレスにしましょう。

6桁の番号が届きますので、入力欄に入れて確認。

 

お客様情報の設定

確認ができたら、「お客様情報の設定」に進みます。

  • 居住地
  • お名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • ご住所

を入力します。

 

なお、電話番号は色がついてないので必須じゃないのかと思いきや、

結局後で入力することになりますので入れておきましょう。

 

特定口座

とくに調べながらやったわけではなかった私が初めに戸惑ったのがこれ。

 

特定口座を

  • 開設する(源泉徴収あり→原則確定申告不要)
  • 開設する(源泉徴収なし→確定申告必要)
  • 開設しない(自身で損益計算→確定申告必要)

 

結論としては、一番上の「開設する(源泉徴収あり→原則確定申告不要)」を選べば良いと思います。

実際、初心者マークがついています。

 

株式などで利益が生じた場合、その20.315%が課税されます。

その処理のためにはいろんな書類を集めて確定申告する必要があるわけですが…

できることならやりたくないですね笑

そこで、特定口座を開設して、源泉徴収ありにしておくと楽チンです。

SBI証券の中の人に任せて確定申告してもらえます。

所得税・住民税が発生する場合でも、納付は中の人にお任せ。

安心ですね。

 

なお、任せることを選んだ人のうち、本年の1月1日時点から居住都道府県が変わっている人は、その下の住民票記載都道府県を選択しましょう。

ちなみに私は、スクショを見直して任意だったことに気付きました(苦笑

とくに変更ないので記載不要だったのに記載しちゃった。まぁどうでもいいと言えばどうでもいいのですが笑

 

NISAの選択

NISAの利用を考えている人は多いと思います。

まず先に。

冒頭でお伝えした通り、開設後でも変更可能です。

後から違うNISAに切り替えることはできますのでご安心を!

 

投資を始める時点で、つみたてNISAにするか、NISAにするか決めている人は多いのではないかと思います。

が、私はこの時点で選択することを知らず、ちょっと焦りました。

 

  • つみたてNISA
  • NISA
  • 申し込まない

 

今!?的な感じです、お恥ずかしい…

 

何度も書いておきますが、簡単に後で変更もできます。

ただし、変更は書面によりますので、面倒な方は投資の目的と合わせて考えておくことをオススメします。

 

また、変更申請すると取引停止期間があります。

1ヶ月ほど、とはなってますが、すぐに始めたい人は注意しておいた方が良さそうです

 

ということで、私はそのままつみたてNISAの方にしました。

開設してから、実際の投資商品を見て決めようかなーとか、2024年から始まるとされている新しいNISA制度との関連とか…と思っています。

 

→結局、つみたてNISAからNISAに変更しました。

つみたてNISAからNISAに変更してみたら超簡単だった話

 

住信SBIネット銀行 口座開設同時申し込み

基本的には申し込んでおきましょう。

 

個人的に、1番のメリットだと思うのが外貨決済時の手数料が低くなること。

外国の株や債権への投資を考えている人は多いかと思います。

その場合、住信SBIネット銀行とSBI証券で紐付けしておきましょう。

 

とにかく手数料はバカにならない、ということを至る所で目にします。

そして、日本円から外貨に両替する際にも、手数料がかかります。

 

SBI証券で外国株などを購入する際、円貨決済もできますが、その場合、

  • 日本円→米ドル:25銭/ドル
  • 日本円→ユーロ:80銭/ユーロ

の手数料が取られます。(2020.9/7現在)

 

ところが、住信SBIネット銀行にある外貨を使って外貨決済すれば、手数料がかかりません。

 

たま
いやいや、住信SBIネット銀行で日本円から外貨に両替するんだから結局一緒じゃないすか

実は、住信SBIネット銀行での為替コスト(手数料)はもっと安いのです。

 

例えば、

  • 日本円→米ドル:4銭/ドル
  • 日本円→ユーロ:13銭/ユーロ

となっており、ざっくり1/6にまでコストカットです。(2020.9/7現在)

 

つまり、

  1. 住信SBIネット銀行で先に低い手数料で外貨に両替
  2. 住信SBIネット銀行の外貨を使って決済

とすれば、手数料を減らせますね。

 

その他にも、

  • 普通預金の金利が少し上がる0.001%→0.01%
  • コンビニATMからの引き出し手数料が無料になる

などのメリットがあります。

 

SBI証券Tポイントサービス申し込み

最近はやりつつあるポイント投資。

SBIは今のところTポイントを使う・貯めることになります。

Tポイントを絶対に使いたくないんだ!という人以外は、基本的に申し込んでおいて良いと思います。

 

なお、本記事の執筆のちょっと前に、SBI証券と三井住友カードとの提携が発表されました。

2021年2月より、三井住友カードで溜まるVポイントを使う・貯めることができるようになるとのこと。

私はクレジットカードを見直すこともなくずるずると三井住友カードを使ってきましたが、

このニュースがあったことも、SBI証券を選んだ理由のひとつです。

 

ここまで設定すると、

  • 「受付番号」
  • 「口座番号」
  • 「ユーザーネーム」
  • 「パスワード」

が表示されます。

このあと、ユーザーネーム」「パスワードが必須になります!

スクショを取るなりしてメモしておきましょう!

確認して別画面に移動すると見れなくなっちゃいますよ!

 

さて、メールが届いているかと思います。

この後の手順は、

  • 【 STEP1 】本人確認書類の提出
  • 【 STEP2 】初期設定
  • 【 STEP3 】口座開設完了通知の受取(メールもしくは郵送)

となっているかと思います。

ここから先は、先ほど控えておいた「ユーザーネーム」「パスワード」を使っていきますよ。

 

まとめ

ということで、結構長くなりそうなので、一旦ここまで。

 

口座開設申し込みで手が止まってしまいそうなのは、

  • 特定口座の開設
  • NISAの選択
  • 住信SBIネット銀行の口座開設

でしょうか。

上述の通り、後で変更もできます。

今の段階ではあまり気にせず手順を進めても大丈夫です。

 

あなたが不安に思わず口座開設できますように!

引き続き、個人確認や初期設定をしていきましょう。

【初めての人向け】SBI証券口座開設手順(オンライン本人確認)を徹底解説!


 

フォローしてもらえると嬉しいです!