書籍レビューの方針

NO IMAGE

このブログでは、私が読んで良かった書籍を随時、紹介したいと思います。

その際に、どういったことを書いていくか、ここに記しておきます。

 

私は本を読むのが好きです。

基本的には「ワクワク」を求めているものと思われます。

SF小説にしろ、ビジネス書にしろ、自分の知らない世界に触れられるのが楽しいのですね。

 

ビジネス書がメイン

このブログで紹介するのは、主にビジネス書の類になると思います。

理由は、このブログが「いかに日々を楽にできるか」を趣旨にしているからです。

いわゆるビジネス書は、「こうすればもっと良くなるよ」を紹介しているわけなので、

本を読んで自分の生活にどう活かせるか、という視点で備忘録的に残していこうと思っています。

それが、皆さんにとっての良本との出会いに役立つことを期待して…

 

読んでるけど読んでない

私の書籍レビューでは「読んで良かった本」を紹介します。

ただし、一言一句すべてを読んでいるとは限りません。

速読・多読のコツは「全部を読まないこと」ということなので、限られた時間の中で自分の知りたい情報を拾い読みしています。

なので、本の内容を網羅したレビューというわけではない点にご注意ください。

 

これからどうするか?がメイン

とくにビジネス本では、その本を読む目的・読むことで得たい情報を頭に置きながら読んでいます。

ビジネス本のほとんど、というか、すべて?が「こうすればもっと良くなるよ」を主眼にしていると思っています。

これが私の性格や生活様式にマッチするか?がポイントです。

つまり、

今後の自分の生活をより良くできそう! = 読んで良かった!

ということですね。

 

さいごに

ちなみに、ここに書いてあることは、読書術に関するいくつかの本を読んだことで実際に「そう思うようになった」ことです。

皆さんにとっての良本との出会いや、皆さんの生活がより良くなることを祈りつつ、レビュー記事を書いてみたいと思います。

また、紹介した本を読んで「良かった!」と思えたことがあれば、コメント欄などでぜひお聞かせください!